飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年02月02日

紋別郡 ライムちゃん(メス)のご報告

しっぽの会、飼い主のいない猫基金の助成を受けて
不妊措置をしてくださった猫のご報告です。

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

1raimu1.jpg

平成28年5月ごろ、飼い主が亡くなり外に放され野良猫になりました。
その後、亡くなった飼い主と職場が一緒だった隣人さんが
ご自宅玄関で餌やりを始めました。

餌やりはしますが、家には先住猫がいて飼育は出来ないとの事でいました。
6〜7月に出産をしたと、2軒先の小屋下に5匹の子猫といるところに餌やりを続けていましたが
7月の終わりに我が家の小屋下に引っ越しして来ました。

子猫とも餌付けさんは飼育意思はなく、このまま母猫がいても子育てが終われば
すぐにまた次の妊娠となり、親離れを待ち9月まで待って申請、手術をさせていただきました。

3raimu1.jpg

子猫たちは、ジモティ―などで飼い主が決まり、残り母猫も掲載を続けています。

現在、結局餌付けさんの所で「半外飼い」のような感じで家に入れてもらっております。
先住猫も去勢済みなので、家の中で追いかけっこをしたり一緒に寝たりしています。
春頃暖かくなったら、自由に出入りさせるとの事でした。

2raimu1.jpg

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


保護主さまと隣人の方との連携で、子猫にも飼い主が見つかり
ライムちゃんは、今はお家の中で過ごせているようで、本当に良かったです。
最期まできちんと飼育してくださる方が早く見つかるといいですね!

しっぽの会では、飼い猫への避妊去勢の必要性をこれからも訴えてまいります。

この度は飼い主のいない猫の保護、手術、ご報告をいただきまして
本当にありがとうございました<(_ _)>

行き場のない猫たちが1頭でも減り、温かな家族ができますように・・・。

当会では、北海道内の飼い主のいない猫に不妊手術を行ってくださる方に
「飼い主のいない猫基金」より不妊手術の一部を助成させていただいています。

助成額
メス 16,000円
オス  8,000円

飼い主のいない猫 助成金申請要項
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/H28jyoseikinnituite2016.10.pdf

行き場のない不幸な命を減らすには、不妊手術を施し増やさないこと・・・
これが何より得策です。

助成金を受けた飼い主のいない猫の
新たな飼い主さんを募集される場合のお手伝いもしています。
http://neko.shippo.or.jp/

不幸な猫が1頭でもいなくなるよう飼い主のいない猫活動に参加されてみませんか。

皆さまのご参加をお待ちしています!
posted by しっぽの会 at 11:37 | 紋別郡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

野良猫倶楽部ねこの鈴【こんぶ】と【しろちゃん】のご報告


konbu.jpg

2014年の春に飼い主のいない猫基金で避妊手術行いリリースした「こんぶ」。

こんぶが住み着いているとある会社は年末年始になると一週間ちょっとお休みになります。

その期間、当方がご飯やお水、使い捨てカイロや湯たんぽを与えに行きました。

こんぶはカリカリタイプのフードを食べると飛び上がり、
頭を振り、両手を口の方へあてがうしぐさをしました。

多分、口内炎か、若しくは歯が病んでいるのでしょう…。

右脇腹にはでっぱりがありました。

腹水か腫瘍でしょうか…かわいそうで胸が痛みました。

とりあえず、カリカリタイプのフードは止めて、
ムースタイプのフードを与えましたところ痛がらずに食べました。

そんな状態ですし、毎日通うことができないので保護したいのですが、
現在、当方には既に数匹の保護猫達がいて保護できる状況ではありません。

なるだけ様子を見に行ける時は行こうと思っていますが…。





sirotyan.jpg

去年の4月に同じく飼い主のいない猫基金で避妊手術を行った「しろちゃん」。

前回のご報告時にTNR後に保護予定と書きましたが、
現在、しろちゃんは当方宅で保護しています。

8月下旬に保護し、病院にて血液検査をした結果、エイズ・白血病共、陰性でした。

まだ完全に人に慣れてはいませんが、ちょっとずつ成長を見せてくれています。

猫が大好きでおもちゃで遊ぶのも大好きな可愛いしろちゃんです。

近々、里親希望の方とお見合いの予定があるので、上手く行ってくれればと祈る毎日です!


野良猫倶楽部ねこの鈴さま、こんぶちゃんとしろちゃんのその後のご報告ありがとうございました!

過去ブログもぜひご覧ください。
【2016.01.12 健気にがんばっている その後の「こんぶ」】
http://shippo-nora.seesaa.net/article/432434249.html


行き場のない猫たちが1頭でも減り、温かな家族ができますように・・・。

当会では、北海道内の飼い主のいない猫に不妊手術を行ってくださる方に
「飼い主のいない猫基金」より不妊手術の一部を助成させていただいています。

助成額
メス 16,000円
オス  8,000円

飼い主のいない猫 助成金申請要項
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/H28jyoseikinnituite2016.10.pdf

行き場のない不幸な命を減らすには、不妊手術を施し増やさないこと・・・
これが何より得策です。

助成金を受けた飼い主のいない猫の
新たな飼い主さんを募集される場合のお手伝いもしています。
http://neko.shippo.or.jp/

不幸な猫が1頭でもいなくなるよう飼い主のいない猫活動に参加されてみませんか。

皆さまのご参加をお待ちしています!


posted by しっぽの会 at 20:54 | 野良猫倶楽部ねこの鈴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

『飼い主のいない猫基金』20167上半期会計報告★


2016nekokikinkamihanki.jpg
<画像クリックで大きくなります>

『飼い主のいない猫基金』から2016年4月〜9月の上半期の活動支援を
ご報告させていただきます。

2016年3月の残高は3,367,783円で、2016年4月〜9月までに102件、
610,840円のご寄付をいただきました。

期間中、不妊手術を施した野良猫はメスが50頭、
オスが26頭の計76頭でした。
前年度の下半期は合わせて14頭の不妊手術でしたので、
5倍もの野良猫に不妊手術をすることが出来ました!

かかった費用955,050円を飼い主のいない猫基金から
支出させていただきました。

ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました!

3月末の残高に上半期のご支援金を足して、
不妊手術代を引いた上半期の『飼い主のいない猫基金』の残高は3,023,573円でした。

ご寄付くださった皆さま、本当にありがとうございました!

最高気温が氷点下の北海道の冬。
外で暮らす動物にとって、今日生きれる保証はどこにもありません。
野良猫たちにも命があり、生きる権利があります。

ぜひ以下のページから地域猫、TNR活動にご協力ください!

飼い主のいない猫HP
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

不幸な野良猫がこれ以上増えませんよう皆さまのご協力ご参加お待ちしております!
http://shippo-nora.seesaa.net/article/445036991.html

posted by しっぽの会 at 00:57 | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする