飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年08月02日

ねこの鈴さま 家族が欲しい母猫


「ねこの鈴」さまから、4月に当会の「飼い主のいない猫基金」で避妊をした猫の
その後のご報告をいただきましたので、ご紹介させていただきます。



01.jpg

この猫は去年自宅の庭に姿を見せるようになりました。

まだかなり若い感じです。

去年の10月に白い長毛のふわふわの仔猫を連れてきました。

直ぐに捕獲器を仕掛けて保護したいと思いましたが、
仕事に行かなくてはならず帰宅後に保護するつもりで出かけました。

しかし、その日の夕方辺りから嵐が来て二日三日大荒れの天気・・・

天候が回復してから仔猫を連れてくるのを待っていたのですが、来るのは親猫のみ・・・

とても残念ですが、猛烈な嵐で仔猫は亡くなってしまったのだと思います。

ひどく後悔しています。

二度と同じことを繰り返さないようにと、
今年の4月中旬に飼い主のいない猫基金をつかわせて頂いて、
ガイア動物病院にて避妊手術をしました。

術後の二日間は天候が悪く寒かった為、すぐリリースするのは酷だと思い、
窮屈ですが玄関フードの中で捕獲器に入れたまま、
使い捨てカイロを捕獲器の下に入れたりして安静にしてもらいました。

二日経ち天気が良くなったためリリースしました。





02.jpg

リリース直後、写真にあるように道路に寝転がって日向ぼっこを暫くしていました。





04.jpg

捕獲時や病院へ行った時の恐怖で以前より人間を怖がるようになるのかと思いましたが、
むしろ避妊手術をして喜んでいるように見えました。





hijikito.jpg

03.jpg

それから数日後・・・
警戒心が強かった猫なのに、家に入りたがるようになり、毎日、窓や網戸にしがみついてきます。

冬になる前になんとか保護して里親さん探しを始めたいと考えています。


******************************************************

ねこの鈴さま、ご報告ありがとうございました!

行き場のない猫たちが1頭でも減り、温かな家族ができますように・・・。

当会では、北海道内の飼い主のいない猫に不妊手術を行ってくださる方に
「飼い主のいない猫基金」より不妊手術の一部を助成させていただいています。

助成額
メス 16,000円
オス  8,000円

飼い主のいない猫 助成金申請要項
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/H28kainusinoinainekosinnseiyoukou6.6.pdf

行き場のない不幸な命を減らすには、不妊手術を施し、増やさないことが一番です。

助成金を受けた飼い主のいない猫の
新たな飼い主さんを募集される場合のお手伝いもしています。
http://neko.shippo.or.jp/

飼い主のいない猫活動に参加されてみませんか。

皆さまのご参加をお待ちしています!


posted by しっぽの会 at 00:00 | 野良猫救済倶楽部ねこの鈴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする