飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月08日

飼い主のいない猫基金6月譲渡会から、ヨッチャンとフレディをお迎えいただきました!♪☆.。.:*・゜

hure1.jpg


キジトラのヨッチャンは推定4〜5歳の男の子
キジ白のフレディは、推定1歳の男の子で
出身地は違うのですが、同じFIVキャリアの仲良し男子でした♪


ヨッチャンは、厳寒の2月にお外生活から保護し
持ち前の物怖じしない大胆さと愛くるしさで
預かりさんのところで我が物顔で過ごしていました( *´艸`)


フレディは、3月に保護主さんから保護した甘えん坊のビビりさんで
ヨッチャンという、頼れる兄貴を得てからは
ふたりでとても仲良く過ごしていたそうです(*^_^*)

hure4.jpg


飼い主さまは、3月の譲渡会であまり人馴れしていなかった
チャーちゃんというキジ白の猫さんを譲り受けてくださったご友人の紹介で
この度の譲渡会へお越しくださいました。
先住犬猫たちも長寿で看取りもされて来た飼い主さま。
犬猫の気持ちを考え大切に飼育されて来ました。

大学生のお兄ちゃんが、ハンデのある子を迎えたいとの事で
4歳で、FIVキャリアのヨッチャンをと、決めてくださいました。

hure3.jpg



フレディは怖がりで、譲渡会では固まっていましたが
仲良しのフレディの事も気にかけてくださり
それならば、一緒に・・・と、お迎えいただけることになりました!


hure2.jpg


幸せが繋がっていくようで本当に嬉しいです。
2頭一緒にお迎えいただけることとなり
預かりボランティアさんも、とても安堵されていました(*^_^*)
お留守番も寂しくないですね✨


飼い主さま、この度は本当にありがとうございました!
お名前は、そのまま、ヨッチャンとフレディと呼んでくださるそうですよ!

仲良しの2頭をどうぞよろしくお願いします<(_ _)>
お幸せに!!💕


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

HOKKAIDOしっぽの会では
繁殖により行き場のない不幸な野良猫が増えないよう
飼い主のいない猫に、避妊・去勢手術を行ってくださった際の
費用の一部を助成しています。

不幸な猫を減らすため、活動へのご支援応援もお待ちしております!
https://online-kifu.shippo.or.jp/

しっぽの会、飼い主のいない猫基金について
https://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html
posted by しっぽの会 at 14:55 | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする