飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年08月20日

飼い主のいない猫基金から、ニャースとウィンディをお迎えいただきました!♪☆.。.:*・゜

01.jpg

8月19日(木)、飼い主のいない猫基金から、
ニャースとウィンディをお迎えいただきました!♪☆.。.:*・゜

預りスタッフの元で約10か月の月日を過ごしていたニャースとウィンディ☆

ついに幸運の女神が微笑んでくれました♪

飼い主さまは偶然にも、ニャース似とウィンディ似の
長毛種を飼育されていましたが、
2年前と今年の4月にそれぞれ15歳で亡くされ、
失意の中にいらっしゃいましたが、また猫を飼育されたいと
基金猫の長毛キジトラのニャースを気にかけてくださいました。

ニャースとウィンディは、
昨秋に札幌市北区屯田から生後4か月くらいで保護した野良猫で、
いつも一緒にくっついて寝たり、絡まり合ったり、
特にメスのウィンディがニャースを慕って頼りにしていました。

そんなお話をさせていただいたところ、
ぜひウィンディにも会ってみたいと8月上旬に面会くださり、
2頭をご覧になって、「どちらもかわいいーー!」と一緒に
お迎えいただくことになりました!





04.jpg

飼い主さまは、お迎えをお待ちいただく間に、
DIYで壁面と窓面にキャットタワーやキャットウィーク、
透明のカプセルベット等、
遊び好きな2頭が喜ぶ猫仕様のお家にしてくださいました!

また網戸も、猫が爪で引っ掻いても破れない
金網タイプのものに張り替えてくださいました!








02.jpg

緊張しているニャース。
現在は推定1歳2か月の去勢オスです。

クールですが、甘えん坊なところもあり、
食いしん坊で遊び好き、平和主義な優しい子です✨





03.jpg

ウィンディも現在推定1歳2か月の避妊メスで、
サビ長毛の柔らかい毛がフワフワの美人さんです。

もの凄く臆病ですが、根は優しくて、鈴のようなかわいい声で鳴きます✨

頼りにしているニャースがいるので、
環境に慣れるのにも思ったよりも早いかも知れません。


数日はケージで慣らしていただきますが、
その後、フリーになった時に、
キャットタワーやキャットウォークで歩く2頭の姿を見るのが楽しみですね♡

優しい飼い主さまに出会えたニャースとウィンディは本当に幸せです⤴✨





左ニャース 右ウィンディ.jpg
<今年6月頃撮影の左ニャース・右ウィンディ>

環境が変わり慣れるまでは、色々と大変なこともありますが、
ニャースとウィンディのこと、どうぞよろしくお願いします🙇‍♀

いつまでもお幸せに💕💕

タグ:卒業
posted by しっぽの会 at 13:46 | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする