飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2015年06月19日

避妊手術を無事に終えた『母猫ちゃん』


札幌市南区南沢で保護活動をされているSチームさまより
お母さん猫の避妊手術を終えたご報告をいただきました。

リターンする時は、どれだけ切なかったか・・・
野良猫の保護活動をされている皆さまのご苦労が伝わってきます・・・

Sさま、ご報告いただきありがとうございました<(__)>



001.jpg

6月3日、「飼い主のいない猫基金」の助成を受けさせていただき
避妊手術を無事に終えた『母猫ちゃん』です。

突然お腹の大きな状態で姿を現した母猫ちゃん、
避妊手術までに色々なことがありました。

捕獲器に入ってくれず、どんどんお腹が大きくなっていきました。
ある日、他の猫さんの捕獲のために捕獲器が出払っていたのにもかかわらず、
ダメもとで置いたごはんを食べに車庫に入っていった母猫ちゃん。

チャンスだと思い、シャッターを閉めました。

シャッターを開ければ逃げられる・・・
逃げられたら、もう姿を現さないかもしれないと思いました。





003.jpg


朝一で網を使い捕獲しようと思っていましたが、深夜に子猫を産んでいました。

子猫の鳴き声が止まず、心配でシャッターを開けると母猫ちゃんは物陰に隠れていました。

子猫たちはコンクリートの上に・・・
急いで拾い上げると、6匹の子猫たちは胎盤とへその緒がついたままでした。





002.jpg

後日、母猫ちゃんに返してみましたがやはり育児はしてくれませんでした。

1ヶ月間、6匹は人工哺乳で育て順調に大きくなりました。

子猫ラッシュと病気の子猫で人手が足りなく『定ニャンの会さん』が
4匹引き取りお世話と里親募集をしてくださいました。

おかげさまで、6匹みんな里親様が決まり幸せを掴むことができました。

手術を終えた母猫ちゃん。

最後の最後までリターンすることを迷いましたが、
保護猫で定員オーバーのため泣く泣くリターンしました。

出産した日から1ヶ月間、
ケージ生活だったので外が恋しかったのかリターンすると一目散に走って行きましたが、
正直見送るのは辛かったです。

でもこの先、野良という過酷な環境で妊娠・出産・子育てをしなくて済むことが唯一の救いです。

野良猫が多い地域なので、またお世話になると思いますが宜しくお願いいたします。

しっぽの会様、ガイア動物病院様ありがとうございました。



posted by しっぽの会 at 17:24 | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

石狩市花川でTNR

当会の飼い主のいない猫の助成金を利用され、
石狩市花川で野良猫にTNRをしてくださったSさまからのご報告です★

野良猫に不妊手術を施し、不幸な猫たちを増やさないことは重要です。

Sさま、ありがとうございましたexclamation


02.jpg
<仮名 シロ 推定1歳半〜2歳 メス>

2013年度冬前頃より、生後間もなく母猫に連れられて餌を食べに来るようになりました。

母猫は娘に餌場を譲り、その後はヨチヨチ歩きの頃から一人で来るようになり、現在に至ります。





01.jpg

1年半経って、ようやく威嚇することがなくなり、だいぶ人間にも慣れて来ましたが、
もともと野生のためか警戒心が強いです。





03.jpg

一度出産をしていますが、残念ながらどの子も生き延びることが出来なかったようです。

今回の手術の際も、思いもよらずすでに妊娠していました。

大きな傷となりましたが、術後10日ほど経ち、再び元気にご飯を食べに来るようになりました。

一匹でも不幸な子猫を救えるよう、私も努力して参りたいと思っておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


━━━ TNRとは☆

Trap-Neuter-Return Programは頭文字を取ってTNRと略され、
世界の野良猫サイトで共通して出てくる言葉で野良猫問題の推奨される解決方法です。

・Trap:トラップ(捕獲器)で野良猫を捕獲すること      

・Neuter :ニューター(不妊手術のこと)

・Return:リターン(元の居住場所に戻してやること)Releaseが使われることもあります

つまり、捕獲器で猫を捕まえて、避妊・去勢手術を施し、元いた居住場所に戻すことを言います。

また『地域猫』は、野良猫の問題を地域から排除して解決するのではなく、
人間の生活環境を考慮しながらも、
その地域で野良猫が共生できるよう妥協点を探す考えから生まれました。

北海道ではまだ認知度は高くありませんが、都市圏では盛んにTNRが行われ、
東京都千代田区や町田市のように殺処分がゼロになった自治体もあります。

地域から飼い主のいない不幸な猫を減少させ、一代限りの生を全うさせる解決方法なのです。

『野良猫』が『地域猫』になり、
いずれは『家庭猫』になって温かな家族が出来ることが一番嬉しいことです。


猫しっぽの会では捕獲器の貸し出しも行っています★

以下のページをご一読いただき、ぜひ地域猫にご理解とご協力をお願いいたします。

・飼い主のいない猫  
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

・地域猫について   
http://shippo.or.jp/tiikineko.html

・助成金申請要項   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseiyoukou14515.pdf

・助成金申請までの流れ 
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/jyoseikinkoufunonagare3.pdf

・助成金申請書   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseisyo14515.pdf

・申請者名簿   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/2014sinseisyameibo.pdf
       

申請書、名簿はEXCEL、WORDもご用意していますので、添付送信いただけます。
まずはお電話・メールでご相談ください☆

しっぽの会TEL:0123-89-2310  FAX:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp


☆参考サイト☆

【 のら猫学入門 】
野良猫が増えすぎて困る問題になる前に転ばぬ先の「のらねこ学」野良猫研究のサイト

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/9073/index.html


タグ:TNR 石狩市
posted by しっぽの会 at 00:05 | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

北海道にも広がって欲しい 野良猫から地域猫へ



札幌市北区新川で地域猫活動されているW.Kさまから、活動レポートが届きました。

地域の猫だけでなくご相談を受けられて、当会の『飼い主のいない猫』の助成金を使われ、
江別市の野良猫たちの不妊手術のお手伝いもされました。

行き場のない野良猫たちのためにご尽力くださり、本当にありがとうございますexclamation

家族になれる可能性のある子や厳しい子などいますが、
不幸な猫が一匹でも少なくなりますように・・・

北海道ではなかなか馴染みのない地域猫ですが、皆様のご理解とご協力をお願いいたしますexclamation

記事の下に、助成金申請方法等のリンクを記載いたしました。



01.jpg
<ニャーとチビは瓜二つの親子>

これまでの経緯と今現在の状況を報告させていただきます。

江別市のアパートの前に段ボールに入った子猫が7匹いると相談を受け
当初は捨て猫かと思いましたが、
アパートでごはんを貰っている野良の子と分かり、
間に3人もの人が入っていてようやく本人と話が出来ました。

元々は近所で猫を置き去りにして引っ越してしまい
可哀想でごはんを与えたけれど増えてしまい困っていたそうです。

メス3匹オス1匹でした。

訪ねて見たところ、アパートには猫の嫌いな人もいるようですが、
猫たちは追われて警戒心が強くなっている様子もなく、
ごはんを与えている人がいたので喜んで雪の中を元気に遊んでいる子もいました。

私もこれまで年に数匹の野良や多頭飼いの不妊、子猫の里親探しをしてきましたが、
諸事情もあり、この度しっぽの会さんに助成金をいただけることは
本当にありがたく感謝いたしております。

12月20日、4匹共 無事手術が終わり次の日にリリースいたしました。





002.jpg

怖い思いをしたので人を見ると逃げて写真がなかなか撮れないと言っていましたが、
頑張って撮ってもらいました。

とても可愛い子たちばかりで、
保護して室内飼いで馴らせば里親探しも出来るのではとも思いますが、
私も成猫を保護する余裕はありませんので、
これ以上増えないからと近隣に理解をしてもらいながら、
地域猫としてごはんやりさんに見守ってもらうことにしました。

問題のトイレは今は雪の中でするため春先に拾い集めているそうですが、
向かい側に家庭菜園があり、
猫好きのおじいさんはネットを張ってくれていると言ってましたが、
一番の迷惑は排泄物なので、雪が解けるころまでにトイレを設置しに行きますので、
後日ご報告いたします。

最終的には10匹だった子猫も4匹貰われましたが
風邪と真菌の治療が長引いた残り6匹も(私が2匹。相談寄越した方が4匹)
優しい里親さんに巡り会えるよう頑張らなければと思っております。

まだまだ厳しい寒さが続きますがスタッフ&ボラのみなさんもどうぞお身体大切にして下さい。


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


猫┃しっぽの会では捕獲器の貸し出しも行っております

以下のページをご一読いただき、ぜひ地域猫にご理解とご協力をお願いいたしますexclamation

・飼い主のいない猫  
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

・地域猫について   
http://shippo.or.jp/tiikineko.html

・助成金申請要項   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseiyoukou14515.pdf

・助成金申請までの流れ 
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/jyoseikinkoufunonagare3.pdf

・助成金申請書   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseisyo14515.pdf

・申請者名簿   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/2014sinseisyameibo.pdf
       

申請書、名簿はEXCEL、WORDもご用意していますので、添付送信いただけます。
まずはお電話・メールでご相談ください☆

しっぽの会TEL:0123-89-2310  FAX:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


☆参考サイト☆

【 のら猫学入門 】
野良猫が増えすぎて困る問題になる前に転ばぬ先の「のらねこ学」野良猫研究のサイト

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/9073/index.html



posted by しっぽの会 at 09:55 | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする