飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月09日

平成29年度「飼い主のいない猫基金」会計報告

平成29年度飼い主のいない猫収支表.jpg
<画面クリックで大きな画像>

平成29年度『飼い主のいない猫基金』の会計報告です。

平成29年4月1日から平成30年3月31日までに
「飼い主のいない猫基金」にいただいたご寄付は
延べ360名さまから、2,294,688円のご寄付をいただきました。

それに対する飼い主のいない猫の不妊手術数は222頭(オス82・メス140)で
不妊手術代2,729,597円を助成いたしました。

申し訳ありません。
ご報告に、前年度の基金残高1,088,755円が含まれておりませんでしたので、
残高は653,846円となりました。
数字に誤りがありましたので訂正させていただきました。
(2018.6.29訂正)

北海道の地域別の案件数は、札幌市 32、登別市 5、恵庭市 3、
苫小牧市 3、千歳市 5、函館市 6、江別市 2、由仁町 1、
赤平市 5、岩見沢市 2、室蘭市 8、安平町 1、洞爺湖町 1、
長沼町 2、栗山町 1、釧路市 4、北広島市 1、池田町 5、
当別町 1、ニセコ町 1、北見市 2、小樽市1、伊達市 1

の93案件となり、北海道内の各地から222頭の助成金の申請をいただきました。





004.jpg

特に多かったのは室蘭方面の13件、72頭の不妊手術で、
室蘭市の野良猫の多さには地元の方々も大変心を痛めていらっしゃいます。





003.jpg

室蘭市は雪こそ少ないですが、
海からの強烈な寒風が身体を刺すように吹く地域です。

寒さに弱い猫にとってはどれだけ辛いものか、想像を絶する苦しみです。





002.jpg

飲み水もなく乾いた喉を薄氷の張る雨水で喉を潤す野良猫。

家庭で飼育されている猫と同じ猫なのに
生まれた境遇が違っていたために、
生涯飢えと寒さと危険と闘わなくてはなりません。

飼い主のいない猫の不妊手術の活動の中で、
かわいそうな猫たちをたくさん目撃しました。

どれも人側に原因があり、
猫たちはそれでも今いる環境の中で健気に必死に生きていました。

不妊手術をしていない飼い猫を外に出している飼い主も多くいます。

活動の苦労に対して野良猫が減少する効果がはっきり見られないのは、
猫の繁殖力の強さと人々の猫に対する意識に原因があります。


飼い主のいない猫募集要綱はコチラです
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/2018/2018.topyoukou.pdf

飼い主のいない猫の不妊手術に奔走してくださった
申請者の皆さま、お疲れさまでした!

活動いただき本当にありがとうございました!

お蔭でこの子たちから、これから産まれてくるであっただろう
不幸な命が増えるのを防止することが出来ました。

今後も継続していきたい大切な活動です。
どうかご支援応援をお願いいたします!

■飼い主のいない猫オンライン寄付サイト
https://online-kifu.shippo.or.jp/

■郵便振替口座:02770-6-76355  口座名:しっぽの会
<他の金融機関からの振込用口座番号>
二七九(ニナナキユウ)店(279)当座 0076355


不幸な猫がこれ以上増えないよう
どうか飼い主のいない猫へのご支援をお願いいたします!

飼い主のいない猫HP
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

posted by しっぽの会 at 16:03 | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

『飼い主のいない猫基金』2016下半期会計報告★


2017.10~2017.03s.jpg
<画像クリックで大きくなります>

『飼い主のいない猫基金』から2016年10月〜2017年3月の
下半期の活動支援をご報告させていただきます。

2016年9月の残高は2,896,953円で、2016年10月〜2017年3月までに96件、
675,500円のご寄付をいただきました。

期間中、不妊手術を施した野良猫はメスが130頭、
オスが65頭の計195頭でした!

かかった費用2,483,698円を飼い主のいない猫基金から
支出させていただきました。

なお上半期7月のご寄付ですが、正しくは36,500円でしたので修正いたしました。
申しわけありません。

ご協力くださった皆さま、ご寄付くださった皆さま、本当にありがとうございました!

2017年度(平成28年度)1年間の飼い主のいない猫基金のご寄付の総額は1,120,840円、
不妊手術代合計は3,399,868円、
メス180頭、オス91頭に不妊手術を施すことが出来ました!

これにより3月末の『飼い主のいない猫基金』の残高は1,088,755円となりました。

また今年度4〜5月、2か月間の飼い主のいない猫基金へのご寄付は25万円余りで、
既に87万円余りの基金を支出しており、残高が47万余りとなりました。

そして多くの皆さまのご協力により上半期の手術の申請数が100件に達しました!

10月1日(日)から下半期100頭の受付を開始いたしますが、
上半期の申請は申しわけありません。
終了いたしました。

飼い主のいない猫募集要綱はコチラです
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/2017/2017.topyoukou.pdf




02.jpg

生まれた時に野良猫の宿命を背負った子猫たち・・・。

このような行き場のない不幸な命を増やさないには不妊手術しかありません。




01.jpg

最高気温が氷点下の北海道の冬。
外で暮らす動物にとって、今日生きれる保証はどこにもありません。
このような野良猫が増えて欲しくありません。




04.jpg

身を寄せ合う親子猫。

写真集ではほのぼのと紹介されることが多いですが、
野良猫の猫生は本当に過酷で飢えや寒さ、虐待との闘いです。

行政で殺処分される猫もその大半が目も開いていないような子猫です。

基金の予算があればもっと多くの野良猫たちに不妊手術を施すことが出来ます。

今後も継続していきたい大切な活動です。
どうかご支援応援をお願いいたします!

1頭でも行き場のない猫が減少しますように・・・。

■飼い主のいない猫オンライン寄付サイト
https://online-kifu.shippo.or.jp/

■郵便振替口座:02770-6-76355  口座名:しっぽの会
<他の金融機関からの振込用口座番号>
二七九(ニナナキユウ)店(279)当座 0076355


不幸な猫がこれ以上増えないよう
どうか飼い主のいない猫へのご支援をお願いいたします!<(__)>

飼い主のいない猫HP
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

不幸な野良猫がこれ以上増えませんよう皆さまのご協力ご参加お待ちしております!

posted by しっぽの会 at 11:29 | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

『飼い主のいない猫基金』2016上半期会計報告★


2016nekokikinkamihanki.jpg
<画像クリックで大きくなります>

『飼い主のいない猫基金』から2016年4月〜9月の上半期の活動支援を
ご報告させていただきます。

2016年3月の残高は3,367,783円で、2016年4月〜9月までに102件、
610,840円のご寄付をいただきました。

期間中、不妊手術を施した野良猫はメスが50頭、
オスが26頭の計76頭でした。
前年度の下半期は合わせて14頭の不妊手術でしたので、
5倍もの野良猫に不妊手術をすることが出来ました!

かかった費用955,050円を飼い主のいない猫基金から
支出させていただきました。

ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました!

3月末の残高に上半期のご支援金を足して、
不妊手術代を引いた上半期の『飼い主のいない猫基金』の残高は3,023,573円でした。

ご寄付くださった皆さま、本当にありがとうございました!

最高気温が氷点下の北海道の冬。
外で暮らす動物にとって、今日生きれる保証はどこにもありません。
野良猫たちにも命があり、生きる権利があります。

ぜひ以下のページから地域猫、TNR活動にご協力ください!

飼い主のいない猫HP
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

不幸な野良猫がこれ以上増えませんよう皆さまのご協力ご参加お待ちしております!
http://shippo-nora.seesaa.net/article/445036991.html

posted by しっぽの会 at 00:57 | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする