飼い主のいない猫活動レポート
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2016年05月18日

『飼い主のいない猫基金』2015下半期会計報告★


『飼い主のいない猫基金』から
2015年10月〜2016年3月の下半期の飼い主のいない猫活動支援のご報告です。

2015年10月〜2016年3月までにいただいたご寄付は88件、949,248円いただきました。

2015年10月〜2016年3月まで不妊手術を施した野良猫は20頭、
159,064円を飼い主のいない猫基金から支出いたしました。

ご寄付くださった皆様、本当にありがとうございました!

地域で野良猫問題で困っている方や行き場のない野良猫を減らしたい方は、
ぜひ以下のページから地域猫、TNR活動にご参加ください!

飼い主のいない猫HP
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

不幸な野良猫がこれ以上増えませんよう、皆さまのご協力ご参加お待ちしております!



posted by しっぽの会 at 07:01 | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

札幌市中央区の飼い主のいない猫レポート


札幌市中央区で地域猫・TNR活動されているNチームさまより
当会の「飼い主のいない猫基金」を利用されて不妊手術された
野良猫たちのご報告をいただきました。

Nチームさま、ありがとうございました!


昨年11月積雪になる前に幾度と捕獲を挑戦してみたものの捕獲器の中に入ってくれず、
ダンボ−ルで囲ってみたりゴミっぽくしたりからあげをおいてみたり・・・

12月に入ると寒くなってきたせいか出ても来なくなり、春まで様子見をすることにしていました。

ここは餌やりさんも猫を確認して自分がいる時に餌をあげている訳でなく、
餌やり場に餌を置いていくだけなので猫の頭数もはっきり分かっている人はいなく、
全く人間に馴れていないため7匹を捕まえた所で手詰まり状態になったという感じです。

それでも様子見に協力してくれている餌やりさんの話では今も捕まっていないサビ1匹、
縞トラ1匹とリリ−スした「よりめ」は見かけるそうです。

そして、新たに白い猫がいたのですが(わたしも確認しご飯をあげました)、
餌やりさんの話では迷子猫を探している人がいたそうなのでこの子のことかもしれません。

ただ、いつもいるとか、この時間にいるとかではなくなってしまい難航しています。
春になって出産シーズンに入る前になんとか全頭捕獲したいところです。


避妊・去勢をした子達の報告もさせて頂きます。

「トラ」と「よりめ」はリリースしたのですが、
餌やりさんの話ではよりめは時々見かけるそうで元気に地域猫をしています。

トラは見かけなくなったそうで他所に移ったのかもしれませんが、
トラはしっかり野良教育をしていた生きる術を持った強いお母さんだったそうなので、
他所でも生きる術があると信じています。

もう出産も子育てもしなくていいので、
自分のためだけにちゃんと生きていってくれていると思います。





boss2.jpg

「ボス」は友人宅で家猫修業でだいぶ人にも馴れてきて、先日里親さんが決まりました。





boss.jpg

先住猫さんがいるお宅だそうで、
ボスは野良猫の中でリ−ダ−をやっていたくらいの面倒見のいい子だから
仲良くやっていけると思います。





tom.jpg

「さび」「白」「ちび白」は「リ−ちゃん」「トム」「ジェリ−」と名前も決まり
友人の工場で至れり尽くせりの生活が始まっています。






lee.jpg

tom2.jpg

工場生活ではありますが、一部屋あたりこの冬も暖房を1日中つけてもらって、
窓を眺めたり、かくれんぼしたりと好き勝手できて、3匹仲良く暮らしているそうです。





jyeri.jpg

まだ人には馴れていないものの、ご飯の時は催促に来たり、
人がいても逃げたり隠れたりはしなくなったそうです。





roko2.jpg

うちで家猫修業中だった「ろこ」は先住猫と仲良くなれたのでうちで飼うことにしました。





roko1.jpg

まだ私にも馴れていないものの先住猫の真似するようになり、
ご飯の催促時にはケージの外にいても触れるようになりました。





roko3.jpg

ケ−ジに入れられるのは嫌がるようになったので、
家の中で自由にしていて隠れたり逃げたりはないのですが、触ろうとするとまだ逃げます。

また、ろこは避妊の際3ヶ月〜6ヶ月歳と聞いていたのですが、
かかりつけの獣医さんの診断によるとおっぱいと歯石からみて2歳くらいとのことでした。

顔も体も小さく体重が2.2kgくらいで、
避妊の際の診断もありましたので、子猫と思っていたのでびっくりしました。

リリ−スしなければならなかった子達の分も
ここの家の子になって良かったと思ってもらえるように
幸せになってもらえるようにしようと思っています。

ただ見ることしかできなかった子達に、リリ−スするしかできなかった子達もいますが、
それでも寒さの厳しい北海道で、野良という過酷な生活をしなければならない子達の
連鎖を少しでも断つことができたらと踏み出すことができたのも
しっぽの会様の助成金があってこそでした。

本当に本当にどうもありがとうございます。
感謝してやみません。


---------------------------------------------------------------------------

Nチームさま、行き場のない猫たちに救いの手を差し伸べてくださり、
本当にありがとうございました!

しっぽの会では捕獲器の貸し出しも行っております☆

以下のページをご一読いただき、ぜひ野良猫へのご理解とご協力をお願いいたします!!

・飼い主のいない猫  
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

・地域猫について   
http://shippo.or.jp/tiikineko.html

・助成金申請要項   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseiyoukou14515.pdf

・助成金申請までの流れ 
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/jyoseikinkoufunonagare3.pdf

・助成金申請書   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/sinnseisyo14515.pdf

・申請者名簿   
http://shippo.or.jp/images/inotitonoraneko/2014sinseisyameibo.pdf
       

申請書、名簿はEXCEL、WORDもご用意していますので、添付送信いただけます。
まずはお電話・メールでご相談ください☆

しっぽの会TEL:0123-89-2310  FAX:0123-89-2311
Eメール:info@shippo.or.jp

☆参考サイト☆

【 のら猫学入門 】
野良猫が増えすぎて困る問題になる前に転ばぬ先の「のらねこ学」野良猫研究のサイト

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/9073/index.html



posted by しっぽの会 at 13:27 | 札幌市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

こども新聞「週刊まなぶん」に地域猫


dousintiikinekos.jpg
<画面クリックで大きな画像>

昨日5月7日の道新こども新聞「週刊まなぶん」第61号に、
「地域猫知っていますか」記事が掲載されていました。

「週刊まなぶん」は毎週土曜日の北海道新聞朝刊と一緒に発行されている、
子どもたちが、楽しみながら学ぶことが出来るこども向けの新聞です。

子どもたちは頭も心も柔らかいので、
思いやりのある優しい子に育ってくれるか否かは、
子ども時代の体験や情操教育が非常に大切と言えます。

今、猫の動画や猫の写真集も大人気で、猫を飼う人も増加、空前の猫ブームですが、
一方で、無責任な飼い主や間違った意識で、
2014年度(平成26年度)、北海道の自治体では、2,103頭の猫が殺処分されました。

地域猫とは、
野良猫の不妊・去勢手術を徹底し、餌の管理・フンの清掃・地域周辺の美化など
地域で適切に飼育管理された猫をいいます。

野良猫の数を今以上増やさないで一代限りの生を全うさせ、
排除されるのではなく地域で共生する猫を言います。

しっぽの会地域猫ページ
http://shippo.or.jp/tiikineko.html

今回、登場された定ニャンの会さまは、
札幌市南区定山渓の野良猫を救いたいと2012年から活動を始められましたが、
高木代表によると多い時は100頭ほどいた猫たちが、現在20頭ほどになったそうです。

当会の避妊・去勢手術の一部を助成する「飼い主のいない猫基金」も
2年前から利用してくださり、これまでに多くの野良猫に手術を施して来られました。





jyounyan3s.jpg

高木代表始め定ニャンの会のメンバーの方々は、
地域の住民に配慮しながら、不幸な野良猫が増えないよう、日々奮闘していらっしゃいます。





jyounyan2s.jpg

捕獲器にかかった野良猫を動物病院に連れて行き、不妊手術を施しています。

活動は根気も体力も協調性もなければ実現できない地道なものです。





jyounyans.jpg

当会も現場に同行させていただき、
高木代表始めメンバーの方々の野良猫に対する思いや頑張りに触れて
尽力している姿に感銘しました。

その時の様子や飼い主を募集している猫も掲載されていますので、
定ニャンの会さまのHPもぜひご覧になってみてください☆

ゆのまち猫
http://blog.goo.ne.jp/mahuyunoneko

他区へ TNR始動
http://blog.goo.ne.jp/mahuyunoneko/e/83d3700cfb876183be92eb5ccefd1ead



posted by しっぽの会 at 00:00 | 定ニャンの会(南区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする